読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

日記

金曜日。疲れて頭も回らなくなっていたので残りの仕事は来週にまわすことにして、少し早めの退勤。土日はお天気悪そうだし、桜を見るなら今日だよなあ、ということで少し遠回りして帰ることにする。ニューオータニの脇道を抜け、四谷のお堀沿いの土手を目指す。時刻は六時、夕方と夜の境目、世界がブルーグレーに染まる頃合い。土手の上から新宿方面を眺める。ブルーとグレーと薄桃色の混じった花びらが霞のように視界を遮る。その向こうには四谷の駅が、さらに遠くにドコモタワーが煙っている。タワーの奥はまだほのかに夕焼けの橙が残っている。風が吹くたび、花霞がさわさわと揺れる。印象派の絵画のような風景。


f:id:bronson69:20170410134158j:image

 僕の撮る写真はいつだってピントが甘い。

 

週末は雨。たまった疲れを落としたいのにこんこんと眠り続けることが出来ずしんどい。どうしても目が覚めてしまう。眠たいのに起きてしまう。なんだろな。歳だろか。仕方がないので洗濯機を回す。窓を開けると当然のように雨。浴室乾燥機を起動させ、風呂場に濡れた洋服を詰め込んでいく。これで長風呂も出来なくなった。仕方がないので部屋を掃除。増設した本棚がもう一杯になってしまった。もう置くとこないぞ。困った。片付けて掃除機かけてハタキをかけて、録画していたブルース・ブラザーズを見ながらなんとなくツイッターを眺め、ブルース・ブラザーズのバックバンドであるMG'sと清志郎がアルバムを作ってると知り、YouTube清志郎を聴く。リンクを転々とするうち、いくつかの動画が見れなくなっていることに気がつく。すべては権利者のさじ加減なのだとわかってはいてもやはり悲しい。動画は永遠ではないのだ。そういえばウチのビデオテープもそろそろ見れなくなってもおかしくないな、今のうちにHDDにコピーしとかなくちゃな。思い立った勢いのままテレビ台を動かし、ホコリと格闘しながらビデオデッキとBDレコーダーを接続。クローゼットの奥からビデオテープを引っ張りだす。ほんで98年の豊洲フジロックのやつとか99年のライジングサン初回のやつとか再生&ダビングをやりつつ鯖とトマトとココナッツミルクのカレー作って食べたり在りし日のミッシェルとブランキーのカッコよさに撃たれたりしていたらあっという間に深夜。でも刺激物ばっか摂取してたから寝られない。疲労が抜けないまま月曜日を迎えることがほぼ確定。ああ、なんとか乗り切らなくては。