読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

クリスマス・イブ

12月24日。クリスマスイブ。

 

イブなので外に出ることにした。乗り慣れた小さな赤い自転車に乗って昼間の歌舞伎町へ。イブの歌舞伎町はドンキで買ったようなサンタ服の呼び込みがたくさん。ラーメン二郎の行列はいつもより少なめ。二郎歌舞伎町店、改装して普通に美味しくなったらしい。行ってみたいと思うのだけれどどうも足が向かない。二郎、ブタとヤサイは好きなんだけどラーメンがそんなに好きじゃない。麺抜きがあればいいのにな。量的にもちょうどいいだろうに。

 

二郎をすぎてラブホ街へ。まだカップルは多くない。夜はずいぶん混むのだろうな。大きなカバンを持った女性がひとりでホテルから出てきて歩きながら電話をかけている。お仕事中だろうか。僕も帰ったら片付けなければならない仕事がある。ハッピーホリデーの連休だけど、働いてるひと、たくさんいるのだろうなあ。みなさんどうも、お互いお疲れ様ですね。もうひとふんばり、がんばりましょうね。

 

大久保通りのコリアンタウンを抜けて、新大久保のイスラム横丁へ。クミンパウダーにコリアンダーパウダー、ガラムマサラマスタードシード、ブラウンカルダモンとフェネグリーク、ココナッツミルクを何缶か、あとバスマティライスも購入。スパイスはテンションが上がる。これだけ買って2000円。安い。興奮して鼻息が荒くなる。興奮したせいか小腹が空いたので店先で焼いてる鶏の串焼きを購入。軽めのスパイス風味。マサラ・ミーツ・京都みたいなあっさり感。軽く胃を温めて帰宅。

 

イブなのでさっそくカレーを作る。大きめにスライスした豚の肩ロース肉。あらかじめコリアンダーパウダーとにんにくとしょうが、それに赤ワインビネガーでマリネしておいたもの。カシアとマスタードシードベイリーフクローブを油で熱し香りを出す。刻んだ玉ねぎを黒くなるまで炒める。焦げを恐れず強火でやるのがコツ。にんにくとしょうがをいれ、トマト缶。強火で水分をとばす。食べごろのもんじゃくらいのテクスチャーになったら肉を投入。同時にスパイス。チリペッパー、ターメリックコリアンダーパウダー、クミンパウダー。肉の表面が色づいたら、赤ワインビネガーと水。あとは煮込めばポークビンダルーの出来上がり。

 

イブなのでもうひとつカレーを作る。作り方は前に書いたことがあるので省略。玉ねぎと鯖缶をスパイスと油でエイヤっとやってココナッツミルクを入れ、最後に角切りのトマトを加えて少しだけ煮込んで完成。サバカレー南インド風。

 

それから部屋の掃除なんかもチャッチャッとやって、イブなので銭湯に行く。Tシャツにフリース一枚で外に出る。流石に寒い。でもこうやってガンガンに冷えたほうが風呂がよくなる。スイカに塩みたいなものだ。でもあれですね、いざ風呂に入ってみると、身体を洗ってるうちに温まってしまって、湯船につかるときの感動はあんまりないですね。身体も水で洗うべきだったのかな。湯船にしばらくつかって、それからサウナへ。内臓が熱を持つまで留まって、満を持して水風呂。この一年ですっかり水風呂が好きになってしまった。毛穴と毛細血管がぎゅっと閉じていく感じがたまらない。ギンギンに冷えた状態で風呂やサウナに入り、毛穴と毛細血管がじわ〜っと開いていくのもいい。それを繰り返してなんだかよくわからなくなるのも好き。自律神経としてはどう思ってるのだろう。ありがたいのか、パニックなのか。

 

銭湯からの帰りは薄着が心地よい。指先が冷える前にちょうど家まで帰りつく。明石家サンタをみたり、大島弓子の「ロングロングケーキ」を読み返したりしながらダラダラと仕事をする。のんびりと仕事を終わらせ、寝ようとして、うとうとしたり目が覚めたり、なんだかんだで夜が開ける。クリスマスの朝が来る。

 

きょう、恋人が日本に帰ってくる。今夜、八時になれば、サンタがうちにやってくる。それが待ち遠しくてたまらない。

 

わたしもあなたも、ありったけ幸せでありますように。

メリークリスマス。