読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

銀河鉄道999

さみいようさみいよう。部屋ん中にいてもつま先がしんしんして凍えそうだよう。それでも暑いよりゃずーっとずーっといいけど、つま先なんか毛布のなかに突っこんでじーっとしてりゃいいからいいんだけど、でもあれだな、風呂上がりに下着姿でぼやーっとしてっとすぐに体が冷えて冷えてどうにもならなくなっちまうのはほんと困ったもんだな。風呂上がりにぼやーっとしてんの気持ちいいんだよな。もうさ、一日中ぼやーっとしてたいよな。暑くても寒くても関係なくぼやーっとしてられる丈夫な身体がほしいよ。鈍くて頑丈でなまくらな身体。寝てるあいだに毛布はだけてお腹出ちゃっても平気な身体。おいそれとはお腹くださない、風邪もひかない、夜に歩いても寒くないしコート着て電車乗っても汗ばまない、便利で快適な身体。どしたらそういう身体になれるんだろ。メーテルといっしょに999に乗ればいいのかな。それとも波紋の呼吸でも身につければいいのか。でもあれだな、便利な身体もいいけれど、願いを叶えてくれるなら、それより広い家がいいな。今より広くて、部屋数の多い家。ベッドルームにはいまより大きなベッドを置いて、本や洋服は書斎という名の荷物置き場に格納して、リビングにはコタツを置こう。コタツは少し脚が長めの、横向きに寝転がれるやつがいい。たぶんベッドルームでは寝なくなる。せっかく片付けた書斎からお気に入りの漫画や本を引っ張り出してコタツの周りに積み上げて、機能的なコックピットのような要塞のような空間を作り出す。毎日飽きもせずコタツの周りでテレビのリモコンを探す。そういうことがやりたい。やりたいんだよメーテル。指が寒いよメーテル。親指が寒くてフリック入力が辛いよ。眠いよメーテル。おやすみメーテル