読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

お金がない!

あれ、おかしいぞ、と思って確認したら、お金がなかった。お金がない。お金がない!織田裕二のドラマの話がしたいのではなく、リアルにお金がないのだ。いやー、あると思ってたものがないってのはほんとうに恐ろしいものですね。残高見たとき冷や汗かいちゃった。

 

なんでそんなにお金がないのかというと、まずは外食のしすぎだ。恋人できてから、浮かれて外でデートばっかしてたツケが回ってきている。毎晩カレー作ってたあのころを取り戻さなければ。あと、チケットも取りすぎ。ほぼ毎週末のなんかしらのチケットがあるものな。花火、芝居、芝居、落語、芝居。いま財布にあるだけでこんなに。まだ発券してないやつもある。初心者のうちは見たいものを片っぱしから見る、それは正しいやり方だと思うのだけれど、いくらなんでも見すぎなのではないか。観劇の前後には外食したりもするわけで。ほんと出費だ。あ、旅行も行ったな。箱根ってなんであんなに物価高いんだろ。あと洋服も買ったな。ユニクロだけど。それから本。漫画。カードゲーム。レコード。ハマジムの小冊子のセット。ああもう、なんでこんなに消費で出費で物価なんだろう。経済はなぜこんなに容赦ないんだろう。資本主義社会のトーキョーをサバイブするにはどれだけメイクマネーすればいいのだろうか。労働は趣味じゃないってのに。ワニを養いたきゃホテトル嬢にでもなるっきゃないのかな。pinkのユミちゃんみたいに。なるっきゃないか。なるっきゃ騎士か。ああ、早く貴族になりたい。貴族ってどうすればなれるのかな。ポール・マッカートニーくらいレコード売ったらいいの?そしたらどうにかしてレコード出すからさ、誰かレコード買っておくれよ。サー・ポール・マッカートニーが売ったのと同じだけ買っておくれよ。頼むよ。ね。

 

11月はお金がないので自炊に励もう。なんなら食べずに過ごそう。痩せるし。食費削ってお芝居やら音楽やら見にいくのって、なんか苦学生っぽさがあってそれはそれでよい。どうせ外は寒くなるし、部屋に引きこもってNetflixでも楽しもう。お腹すいたらお湯を沸かしてお茶でも飲んで、それでもごまかしきれなくなったらどーすっかな、サイリウムハスクでも飲むかな。胃の中でめっちゃ膨らむやつ。お通じもよくなるし。いいことずくめだ。

 

節約しなきゃな。12月がくるもの。クリスマスが、大事なひとの誕生日がくるもの。年越しで年明けだもの。楽しいこと、お金使いたいことが山盛りだもの。そのためにもな、節約しなきゃなー。