読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

真夜中はおごそかに

日付け変わって水曜日。

早く寝たから変な時間に目を覚ました。

 

なんとなくそういう気分にならなくて、日記を書いては下書き保存して終わる日々が続いている。書いてはいるのだ。公開してないだけなのだ。

 

ずいぶんと久しぶりの環境に身をおいて、そういえば自分はこういうやつだったなあ、と思い出すことが多い。好ましいところと、好ましくないところと。とにかくきちんとしないとな。やらなきゃいけないことをきちんとやろう。浮かれてばっかではいけない。良くあらねばならない。夏のせいばかりにしてはいられない。夏だって終わろうとしてんのに。

 

身の周りのひとたちがとても素敵でとても嬉しい。

あなたが最高に最高で僕はとてもとても嬉しい。

 

深夜に目を覚ましもう一度眠るまでの短いあいだ、あなたのことだけを考えています。あなたの心が安らかであるように祈っています。どうかあなたの毎日が幸福でありますように。いまこの瞬間も幸福でありますように。あなたが僕にとって良きものであるのと同じように、僕もあなたにとって良きものでいられますように。

 

さて寝よか。

仕事がんばろう。

ちゃんとしようっと。