読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bronson69の日記

いつか読み返して楽しむための文章。

見たいものメモ&完全版501途中経過

自分用メモ

順不同

横浜美術館
サウルの息子
ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります
ハッピーアワー
野火
ハマジム映画祭
ザ・ウォーク
アイリス・アプフェル
テレキャノ2013完全版
裏テレキャノ2013
完全版501

展示とかはまだ時間あるけど、映画は向こう一、二週間で終わっちゃうから焦る。
こだわりすぎずに行ける範囲で、ってのが正解なんだろうなー。
かといって見逃すと悔しくてたまらんのよなあ。

完全版501、11話まで見た。
夢華さらさんのエピソード、完全にサブストーリーだけど面白い。
さらさんにとっては大事件、でもみのる監督にとっては興味を引かないスカなだけの話。
みのる監督も中途半端に気を使うから切ることができずに関わってしまうんだな。
興味も関心もなくカメラ回すってほんと残酷だ。
でもこの白けた空気感が良い。

みのる監督、ほんと90年代後半の匂いがする。
デタッチメントの匂いがする。
回りのひとは目まぐるしく動いてんのに、興味持てるものは何にもなくて、自分だけぼやーっと突っ立ってる、そんな感じ。
よしもとよしともの「オレンジ」みたい。

面白いことなんか何にも起きない。
つまらないことからは逃げてんのに、なのに面白いことは何にもない。
なんか事件でもおきりゃいいのに、
空から面白いものが降ってくればいいのに、
あーあ、なんか面白いことねーかなー。

本気ってどーやったらなれるんだろ。
ヤルかヤらないかの人生で、ヤル人生選んだはずなのにね。
ヤル人生ってさ、何をヤッたらいいんだろうね。
何やったら剥き出しになれるんだろうね。
何やったら「すごいもの」を作れるんだろーね。
「すごいもの」作って、仲間や師匠に認められるには、どうしたらいいんだろうね。

わからんね。
面白いね、みのる監督。